-臨済宗妙心寺派-

〒671-1223 兵庫県姫路市網干区坂上292

お問い合わせ 079-272-1696

播磨灘を望む穏やかな播州の一角。
北に朝日山を仰ぎ、
西に揖保川が滔々と流れ、
作物は豊かに稔り、人々はのびやかに暮らす、
かつて「福井荘(ふくいのしょう)」と呼ばれた荘園がありました。

現在の揖保郡太子町南部から姫路市勝原区、網干区、大津区にまたがる
広大な地域で、魚吹津(うすきづ)とか魚吹原(うすきはら)とも呼ばれました。

播州坂上(さかのうえ)の『盛徳寺』はおよそ850年前、平安時代末期の応保2年
(1162)の創建で福井荘の発展に尽くされた文覚上人(もんがくしょうにん)の開基
の寺と伝えられます。

小さな寺ですが、この地域では 一番古いお寺で、福井荘の政所でもありました。
往時をしのぶ「文覚上人像」と「文覚上人遺愛の石」を祀り、
「文覚寺」の別名でも呼ばれています。

 

心光山 盛徳寺(文覚寺)  臨済宗妙心寺派  網干区坂上
SEITOKUJI TEMPLE (MONGAKUJI)

平安時代末期、応保2年(1162)の創建で文覚上人開基の寺と伝えられる。 往時をしのぶ「文覚上人像」と「文覚上人遺愛の石」を祀り、「文覚寺」の通称で呼ばれる。
文覚上人の俗名は遠藤盛遠といい北面の武士だったが、故有って出家し文覚と名乗り那智の滝で荒行を修した。上人は鎌倉幕府の成立に関わり、京都神護寺の再興にも努めた。また、この地にあっては福井之荘の水利の整備を行い人々の生活の礎を築いた。この寺は福井之荘の政所で長徳寺といったが、上人の没後は荘園の政所としての役を失い廃寺となっていく。
元禄年間(1688~1704)、網干の豪商佐々木家の尽力で坂上長徳廃寺を蒙山祖印禅師が中興し、寺号を盛徳寺と改めた。蒙山祖印禅師は網干岡部家の出身で、浜田の盤珪国師の弟子であった。禅師は文才に優れ、盤珪国師の伝記としては江戸時代唯一版本となった『盤珪和尚行業記』や魚吹八幡神社の銅鐘に神社の詳しい由来を交え銘文を記すなど地域に大いに貢献した。
その後、住持が途絶えた時もあるが、文政3年(1820)坂上村庄屋・三輪六右衛門が田地を寄進し、新たに住持を迎えている。
明治7年(1874)、江戸時代最後の住持が亡くなると、維新政府の寺院抑制の政策により無住無檀のため廃寺となる。しかし、明治29年(1896)宍粟郡にあった「心光庵」の名のみを移転する形で再中興され、前川義柱尼が初代尼僧住職となった。昭和17年(1942)、盛徳寺の旧号に復し現在に至る。

平成21年2月    姫路市教育委員会、網干地方史談会

COPYRIGHT(C)子授け 水子供養 兵庫県姫路市 網干 盛徳寺 ALL RIGHTS RESERVED

ページトップへ戻る